答えなどというものは、端から存在していないのではないか。正しい段階を踏めば、確実に到達できる場所があると信じれば、それは気楽だが、もし見極めた道筋どおりに進めたとしても、それはつまらないものだ。

いや、そういうことはまずはやって見せてから言いなさい。確かに。でも、不味いとどれほど自己暗示をかけても美味しい料理は美味しいのだ。なぜ、まずい料理を旨いと思わなきゃいけないのか。時間の無駄だ。

策を練って、狙い撃ちした作品はどれもメッセージ性が強すぎて、面白くない。この人生の終わりはいくら努力しても結局のところ"死"である。死に方がどうであれ、すでに物語の結末はみえている。

だから、芸術に触れているときくらい、終わりが見えない、答えがない世界の中で酔いしれたい。

その、ある種、神聖な芸術の世界に金の存在が混在し始めると、これは厄介だ。芸術か金か?金と芸術か?もしくは金など考えず、芸術を行うか。芸術と金という問題に対して、どのようなスタンスを取るかを決める必要が出てくる。

僕は"金のために芸術を"という奴の作品なんて触れたくもなければ、"金がなくても芸術さえあれば"という奴も饒舌が過ぎると考える。

これが芸術ではなく、ビジネスならば、答えは簡単である。金を自分のところへ、とにかく集めることである。組織として行うなら、社員を雇い、サービス・製品にかかる原価を安くして、付加価値をつけて消費者に高く売ることである。

これは消費者に消費され始めた芸術家も同じだが、社員は濡れ雑巾である。代わりはいくらでもいるのである。"お前の代わりはいない..."と言われても、幾日か経てば、より優秀な者が来る。もし来なくても、何とかなるのだ。

 基本的に、問題は解決できないのではないか。問題を解決したように思うことで、それを克服していくしかないのでないか。人間は忘れる。問題は解決するのではなく、忘却するのが生きる術なのかもしれない。

僕は趣味で、絵をよく描いている。絵は僕が今まで行っていた活動の中でもっとも自由な行為だ。お金があるときはキャンバス、ないときは段ボールを前にして、絵の具を指ですくいながら、それにぶつけていく。上手く描こうという意識ではなく、倒してやろうという意識の方が強い。

小説も書いているが、小説は自分の中に浮かんだイメージを精密に出力していく、という感じである。そこには制限が存在する。

絵画はより自分の内にあるもの、それが精神か心か魂か、もしくは血液の流れや内蔵の動きかもしれないが、それを表現できる。表現したいと思える。

そんな自由な空間はこの世界には他にない。他人の存在が少しでも視界にちらつけば、その自由な戦いは消えてしまう。だから、表現なくして、僕は生きていけない。というか、生きていく価値もないだろう。

これからの芸術をアップデートしていく芸術家は金を稼げる者たちだろう。商才があり、アートマネジメントを徹底し、作品を全面に押し出す者が勝っていく。僕のような、自分の内面から芸術を産み出したいと欲す者では芸術では食えない。

だから、僕もしっかりと働いて稼いでいく必要がある。さもなくば、苦痛に満ちた人生になりそうだ。外は希薄だ。薄いカルピスを濃くするには原液を買うための金が必要だ。薄いカルピスに慣れるという選択も悪くないが、それでは少々もったいないと思う。周りは物質で溢れている。どっぷり浸かることができなければ、そこから抜け出すともまたできない。